iHerbセール開催中!

【副業収入で生きていく】サラリーマン1年目は会社から貰う給料を使わないことが目標

会社から給料を貰ってはいけない

金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバートキヨサキさんをご存知の方も多いでしょう。

金持ち父さん貧乏父さん』は大人が教えてくれないお金の話について書かれている本なので、まだ読んだことがない方は読むことをオススメします。

ロバートキヨサキさんはインタビュー中で、小学4年生のときお金のことを学ぶために金持ち父さんのもとで働きに行くと「お金は一切与えない。お金を与えた瞬間、君は従業員のように考えてしまうそれは罠なんだ」と言われたと語っています。

この言葉を端的に言い直すと給料を貰って生きていくと『お金の奴隷として生きることになってしまう』ということでしょう。

このインタビュー動画を見て、これから会社員として働いて給料を貰う立場になる僕は

会社から貰う給料を使わないこと

をサラリーマン1年目の目標に加えることを決めました。

副業収入で生活して、会社から貰う給料を投資に

僕が入社する会社は借り上げ社宅制で家賃や光熱費などは給料天引きとなりますので、住居費のみ給料から支払い、他の費用については副業収入でどうにかしようという試みです。

残った給料は不動産投資などへのタネ銭とします。

もし副業収入が足りない場合は給料からお金を移して負債として計上し、返済しなければならない形にしようと考えています。

副業収入で生活するメリット①お金の基準を上げることが出来る

給料を貰ってはいけない」という言葉はいろんな解釈ができますが、僕は『給料に依存して生活する状況になってはならない』という意味で捉えました。

じゃあどうすれば会社員でありながら給料に依存せずに生きることが出来るのか。単純に給料を使わないでも生きられる状況を作り出すことが理想であると考えました。

この理想は無謀にも思えるかもしれませんが、このように試みることにより確実に自分の中でお金の基準を上げることが出来ます。

給料で生活する場合は収支がプラスになるかマイナスになるかどちらに転ぶかわからない状況だとすれば、副業収入で生活する場合は常にプラスの中でさらにどれだけプラスに出来るかという状況にすることが出来ます。

副業収入で生きると手元に残るお金が全く異なる

受験勉強で言えば東大を目指して勉強をしていると、東大は少し厳しいかもしれないけど早慶や他の旧帝国大学はいつの間にか余裕で受かる学力になってしまっていたみたいな感じです。

自分の中で高い基準を設定して、それを当たり前となるように生きていこうとするのは目標を達成する上で最も重要であると考えています。

副業収入で生活するメリット②お金が貯まるスピードが変わる

当然ですが、給料を丸々使わなければ圧倒的にお金が貯まります。

給料でお金を貯める場合

給料でお金を貯めていく(投資していく)場合、給料を生活費として使って残ったお金となりますが

副業収入で生活費を賄うと給料は常に丸々手元に残ります。

単純計算手取りが25万円だとすれば12ヶ月で300万円貯まる計算になります。300万円もあれば不動産投資を開始することも可能です。

投資としてお金を使わなくても『別にこの会社を辞めてもしばらくは生きていける』状況を作り出すことも出来ます。

参考 「いつでもやめられる」ことこそ強者の特権 - Chikirinの日記Chikirinの日記

ちきりんさんがブログで『「いつでも辞められること」こそ、強者の特権』と仰っています。

まさにそのとおりですよね。僕は不要なストレスを感じずに生きていく目標がありますので、いつでも会社を辞められる選択肢を選べるようにしておきたいと考えています。

副業収入で生活するメリット③お金を稼がないと何も出来ない状況になる

僕の今の副業収入でもなんとか生きていくことは可能です。

しかし副業収入で生きていくということは、新しいiPhoneが欲しいとか、夜遊びしたいとか、ブログ執筆のために旅行したいとなったときに収入がなければ満足に出来ない状況にするということです。。

もし何かやりたければお金を稼がないといけない。

遊ぶためにも、さらにお金を稼ぐためにも常にお金を稼ぎ続けなければいけない。

副業収入で生きていく試みでは、この意識を常に自覚することが出来ます。

決して簡単にクリアできる目標ではない

ここまで理想論をさらっと書き連ねましたが、この目標は簡単にクリアすることが出来ません。

最低限の暮らしをするだけでもそれなりにお金は必要ですし、そこから質を上げたりもっと活動していきたい場合はもっともっとたくさんのお金が必要です。

更には会社から貰う給料もあるわけですから、いつでもこの試みを辞めようと思えば辞めてしまえる環境でもあります。

これから先の人生というのは自分で全て決めていかないといけないと考えています。甘えるのも自由。自分に厳しく生きていくのも自由。

選択肢が多い豊かな日本であるからこそ、自分で数ある選択肢の中から選択していかなければなりません。

僕は4月からサラリーマンになるにあたって1年目はこの目標を達成できるように精進していきたいと思います。皆さんそれぞれ目標があるかと思います。目標に向かって共にがんばりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)