YouTubeチャンネルはこちら

【2022年最新版】楽天経済圏のはじめ方、ポイント倍率の上げ方を徹底解説!

2019年10月より消費税が10%に増税され、給料から天引される社会保険料も年々増加。

負担は増えるのに給料が一向に増えない…。我々サラリーマンにとっては非常に厳しい現実です。

老後には2,000万円の蓄えが必要だという国の発表もあり、「今の生活で精一杯なのに、どうすりゃええねん!!!」が本音ですよね。

我々の親世代とは異なり、終身雇用、年功序列が約束されない可能性がある私たちは、生き抜くためにはどうにかしてそれなりの資産を築き上げていかなければなりません。

単純な話ですが、資産を築き上げる、お金を増やしていくには

  • 収入を増やす
  • 支出を減らす
  • 資産を運用する

この3つしかありません。つまり、お金を増やすには支出を出来るだけ減らして、収入を増やし、余ったお金を投資する

とは口で簡単に言っても実行するのは難しく、これらが簡単に出来たら苦労しません。

しかしここで諦めてしまっては、物事が前に進みません。少ない労力、ストレスで得られる効果の高いものに絞って実行していくようにしましょう。

  • 収入を増やす

に関しては、働き方改革が進んだことにより残業もしにくくなり、副業もおおっぴらに出来る人も少ないので比較的難しいですが、

  • 支出を減らす
  • 資産を運用する

この2つに関してはいますぐ可能ですし、今回紹介する『楽天経済圏』をうまく活用することによって誰でも簡単に高い効果を上げることができます。

楽天経済圏』を活用すればどれだけお得になるねん」というのが皆さんの本音でしょう。まずは『楽天経済圏』がどれだけお得なのかについてみていきましょう。

還元率7%超え!?『楽天経済圏』はお得過ぎる

こちらは私のiPhoneから開いた楽天市場のアプリの画面です。中央をごらんください。

あなたはポイント合計7倍

基本的には楽天市場でのお買い物は購入金額の1%がポイントとして付与されます。

つまり通常の場合10,000円お買い物すれば、100円がポイントとして還元されます。

  • 楽天経済圏を活用しなければ還元率1%

しかし私の場合は7倍。つまり還元率が7%

10,000円お買い物すれば、700円がポイントとして還元される状態です。

  • 楽天経済圏を活用している管理人は還元率7%

しかも、この7%という還元率は「最も低い場合」です。

楽天では頻繁にポイント還元セールが開催されるので、実際の還元率は私の場合20%を超えることもしばしばあります。

1年間で100万円利用したとして、楽天経済圏を活用して平均15%の還元率を得られたとすれば

  • 楽天経済圏の利用なし:1万円分のポイント獲得
  • 楽天経済圏の活用あり:15万円分のポイント獲得

楽天経済圏の活用ありなしで一年間でなんと14万円もの差が生じてしまいます。

この差が何十年も続いていけば、その後の資産の差がとんでもないことになっているであろうことは想像に難くないでしょう。

そして生まれた余剰資産をひたすら投資に回していけば…。

20代から始めれば40~50代で早期退職も視野に入るレベルです。

  • 「ポイントはいっぱい貰えるだけでどうせ使いにくいんでしょ?」
  • 「7%の還元率にするためには面倒くさいことが多いんでしょ?」
  • 「楽天のサービスって本当に大丈夫なの?」
  • 「投資って言われても何に投資すればいいか分からない」

いろんな疑問や不安が湧いてきたでしょう。

この記事では皆さんの楽天経済圏についての様々な疑問を解消し、楽天経済圏への移住の仕方をお伝えしていきたいと思います。

そもそも「楽天経済圏」とは?

楽天のサービス一覧

https://corp.rakuten.co.jp/careers/division/

楽天経済圏」とは日常生活で出来るだけ楽天のサービスを利用して、ポイントをたくさん貰ってお得に生活することです。

上の図にあるように、楽天はあらゆる分野で様々なサービスを提供しています。

これらを全部手当たり次第利用すればいいというわけではなく、「用すれば楽天市場でのお買い物のポイント倍率が上がるサービス」のみ利用していきます。

楽天市場にはSPU(スーパーポイントアッププログラム)というものがあり、SPUに選ばれているサービスを利用するとポイント倍率が増えます。

SPUに選ばれているサービス一覧はこちら。

  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアムカード:+2倍
  • 楽天銀行:+1倍
  • 楽天証券(投資信託):+0.5倍
  • 楽天証券(米国株式):+0.5倍
  • 楽天ウォレット:+0.5倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天kobo:+0.5倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍
  • 楽天ビューティ:+0.5倍

楽天市場は通常利用で1%還元で、上記のSPU+13倍を含めて最大14%還元を狙えます。

先ほど管理人の楽天市場での還元率は11%と言いましたが、利用しているサービスは赤文字のみとなります。

  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアムカード:+2倍
  • 楽天銀行:+1倍
  • 楽天証券(投資信託):+0.5倍
  • 楽天証券(米国株式):+0.5倍
  • 楽天ウォレット:+0.5倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天kobo:+0.5倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍
  • 楽天ビューティ:+0.5倍

意外に思われるかもしれませんが、7%というこう還元率を達成していながら、サービスの半分程度しか利用していません。

SPUに選ばれている楽天経済圏のサービスの中でも「コスパが良い、おすすめできる」ものから「コスパが悪い、積極的にはおすすめできない」ものまで様々です。

そこで、この記事ではこれから楽天経済圏を利用していく方に向けて、

  • 初級者向け
  • 中級者向け
  • 上級者向け

に分類して、優先的に利用していくべきサービスを紹介していきたいと思います。

初級者向け」をクリアできれば合格点。「中級者向け」までクリアできればもうほぼ100点です。

上級者向けは一部のマニアックな方向けです。(管理人も上級者向けはあまり手を出していません…)

それでは初級者向けから順にみていきましょう!

「楽天経済圏」初級編:目指せ+4倍!

  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアムカード:+2倍
  • 楽天銀行:+1倍
  • 楽天証券(投資信託):+0.5倍
  • 楽天証券(米国株式):+0.5倍
  • 楽天ウォレット:+0.5倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天kobo:+0.5倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍
  • 楽天ビューティ:+0.5倍

 

初級編で狙っていくのは赤文字で書いた4つです。

それでは上から順に紹介していきます。

楽天カードを作ってポイント+2倍

現在SPUの中で最もコスパ良くポイント倍率を高くできるのが、「楽天カードを楽天市場のお買い物に利用すること」です。

お買い物を楽天カードにするだけで一撃+2倍。

これだけで楽天市場は3%還元になるので、もうそこらのネット通販が太刀打ちできなくなります。

楽天カードのメリット・特徴を徹底解説|お得にお買い物したいなら楽天カードで決まり

楽天カードは年会費無料にも関わらず1%還元という高還元率(一般的なカードは0.5%)というとんでもなくお得なカードです。

作っておいて損はないカードなので、まだ持っていない人はぜひ。

楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にしてポイント+1倍

楽天銀行

楽天カードの月々の支払い先の口座を楽天銀行にするとポイント+1倍です。

これもかなりお手軽ですね。

ちなみに楽天銀行は後で紹介する楽天証券とマネーブリッジという連携を行うことにより、金利がなんと0.1%にもなります。

大体の銀行の金利は0.002%とかなので、楽天銀行は50倍も金利がよかったりもします。

その他にも楽天銀行にはたくさんのメリットが存在しています。

詳しくはこちらの記事をごらんください。

楽天銀行 楽天銀行とは?金利が高く超使いやすいネットバンク|楽天経済圏に移住するならマスト

そして通常であれば数百円の手数料がかかりますが、裏技を使えば、手数料無料で他行から楽天銀行に送金することが可能です。

通常なら他行から他行へお金を送金する場合は振込手数料がかかりますが、楽天証券の口座への送金は手数料がかかりません

楽天証券に送金すれば手数料がかからない

こんな図のイメージで、例えばA銀行から楽天銀行に送金する場合は基本的には手数料が発生しますが、A銀行から楽天証券であれば、手数料が発生しません

そして楽天証券と楽天銀行の口座はマネーブリッジでつながっているので、即座に楽天銀行の口座にお金を移動させることも可能です。

会社からのお給料の支払い先の口座が普段あまり使わない銀行の口座に指定されている方も多いかと思いますが、これならお金を移動させるのも楽ちんです。

楽天証券を使ってポイント投資してポイント0.5倍

楽天証券

とても便利な楽天ポイントですが、楽天ポイントはお店でのお買い物だけに留まらず、投資しちゃうこともできます

ポイントで投資できちゃうって革命的ですよね。

楽天ポイントの中でも投資に使用できるのは「通常ポイント」。「期間限定ポイント」は投資に使うことができません。

SPUの条件は当月30,000円分以上投資信託を購入し、その際に1ポイントだけでも通常ポイントを使用すればOKです。

楽天証券のSPUは「ポイント投資を行った月のみ」であるので、毎月1日にはポイント投資を行うようにしましょう。

投資もできて、なおかつ楽天市場でのお買い物がお得になるので、楽天証券も利用はマストでしょう。

2022年追記

最近楽天証券のポイントプログラムの改悪がすごいですね、、、かつては投資信託に500円以上かつ1ポイント以上使用すれば+1倍の還元を受けることができたのですが、現在は30,000円以上投資しなければなりません、、しかも+0.5%。

毎月当然のようにかなりの額を投資されている方からすればそこまで高いハードルではありませんが、前のハードルが低かっただけに改悪が目立ちます。

ただ、今の条件でもお得なことには変わりありませんので、私は引き続き楽天を使っていきますよ!

お買い物はアプリを利用するだけでポイント+0.5倍

楽天市場はウェブかアプリを通して利用することができますが、アプリでお買い物することがSPUの条件に選ばれており、ポイントが+0.5倍されます。

本当にただただアプリを使うだけ、ウェブで買い物カートに商品を入れて、最終的な支払いをアプリでするだけでもOK

個人的には商品をじっくり見たいときはパソコンで楽天市場を見ることが多いので、支払いのみアプリですることが多いです。

楽天市場

楽天市場
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
ここまでのまとめ

  • 初級編をクリアすれば+4倍
  • この時点でかなりお得
  • 更に還元率を上げたい人は中級編へ

「楽天経済圏」中級編:目指せ+6倍!

  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアムカード:+2倍
  • 楽天銀行:+1倍
  • 楽天証券(投資信託):+0.5倍
  • 楽天証券(米国株式):+0.5倍
  • 楽天ウォレット:+0.5倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天kobo:+0.5倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍
  • 楽天ビューティ:+0.5倍

中級編で狙っていくのは赤文字で書いた2つです。

中級編は初級編よりも条件達成のハードルが高いものが多いです。

環境によっては達成不可能なものもあったりしますので、その点に関しましては妥協していきましょう。

それでは上から順に紹介していきます。

超お得な楽天モバイルを利用して、ついでにポイント+1倍

日本でも数年前から格安SIMへの移行が一般的になり、すでに格安SIMを利用されている方も多いでしょう。

楽天も格安スマホに参入しており、他の格安スマホよりも魅力的なプラン、そしてSPUの対象でもあるのでポイント+1倍の恩恵を受けることができます

楽天UN-LIMIT VIは使った容量に応じて毎月の支払額が変わります。

人によっては出先での使用を節約すれば3GBでやり過ごすことは可能なのではないでしょうか??

また仮にたくさん使ってしまったとしても上限が2,980円なのもありがたいですね。

光回線を楽天ひかりに乗り換えてポイント+1倍

楽天ひかり

楽天ひかりは楽天のサービスの中でも比較的新しいサービスです。

光回線については楽天ひかりがダントツで安いわけでもありません、光回線はどこを使ってもほとんど同じです。

ただし、新サービスであるため、新規利用キャンペーンにかなり力を入れています

キャンペーンはタイミングにより異なりますが、私が新規利用した際は

  • 月々の支払い2,000円OFF
  • 18,500ポイント付与

という条件でした。

合計42,500円分お得になる計算でしたし、月々の利用料も楽天ひかりの方が安かったので、それまで利用していた事業者に違約金を払いながらも楽天ひかりに乗り換えました。

キャンペーンは時期により変更になる可能性が高いので適宜チェックして良い感じのタイミングで変更するようにしましょう。

楽天ひかりはこちら

 

ここまでのまとめ

  • 中級編をクリアすればポイント+6倍
  • 「楽天ひかり」は難しい場合も
  • 更にマニアックな方は上級編へ

「楽天経済圏」上級編:目指せ+12倍!

  • 楽天モバイル:+1倍
  • 楽天モバイルキャリア決済:+0.5倍
  • 楽天ひかり:+1倍
  • 楽天カード:+2倍
  • 楽天プレミアムカード:+2倍
  • 楽天銀行:+1倍
  • 楽天証券(投資信託):+0.5倍
  • 楽天証券(米国株式):+0.5倍
  • 楽天ウォレット:+0.5倍
  • 楽天トラベル:+1倍
  • 楽天市場アプリ:+0.5倍
  • 楽天ブックス:+0.5倍
  • 楽天kobo:+0.5倍
  • 楽天Pasha:+0.5倍
  • Rakuten Fashion:+0.5倍
  • 楽天ビューティ:+0.5倍

上級編で狙っていくのは初級、中級編で狙わなかった残り8つ。

上級編は毎月条件を達成しないとポイント倍率が増えないものが多く、達成してもポイント倍率が大きく向上するわけでもありませんので、あまりおすすめしていません。

  • 今月は特に大きな買い物をする
  • 上級編のサービスを特にストレスなく使える

このような場合に当てはまるときに上級編サービスを達成することをおすすめします。

例えば新生活の準備の際に、家電や生活用品を大量に購入する場合もあると思います。

50万円程楽天市場でお買い物するのであれば、その月だけ上級編を達成することにより25,000円分ポイントを上乗せすることが可能です。

それぞれのサービスの詳細は後で詳しく説明していきますが、出張や旅行などで頻繁に楽天トラベルを使用する方であったり、楽天ビューティに登録されている美容院で普段からお世話になっている方のように普段の生活の中でこれらのサービスを利用されている方にもおすすめですね。

それでは上から順に紹介していきます。

年間60万円以上利用するならプレミアムカードで+2倍

楽天プレミアムカードは年会費税込11,000円のクレジットカード。

以前までは年会費2,200円のゴールドカードでもポイント倍率+2倍の恩恵を受けられたのですが、今ではプレミアムカードにしないと+2倍をもらえなくなりました。

ゴールドカードの時は大体年間で10万円ほど楽天市場を利用する場合年会費以上の恩恵に預かれたのですが、プレミアムカードは年会費が高い分、年会費以上の恩恵に預かるには60万円程度の利用が必要となります。

普段のお買い物も合わせれば60万円程度の利用は普通だと思いますが、楽天市場だけってなると微妙なところですよね。

ちなみに楽天ふるさと納税でもこのポイント倍率の恩恵を受けられるので、高年収でふるさと納税で毎年30万円くらい使えるよ!って人はかなりハードルが低くなりますね。

またプレミアムカードはポイント倍率だけではなく、空港のラウンジを利用できるプライオリティパスといった他のサービスも充実しているので、年会費分を回収できるかどうかだけで判断せず、総合的にメリットがあるかどうかで判断をしてもいいかもしれません。

楽天プレミアムカードはこちら

米国株に投資してポイント+0.5倍

米国株に円貨決済で30,000円以上かつ1ポイント以上投資を行えばポイント倍率+0.5倍となります。

しかしこちらの図にも書かれている通り、買付手数料が無料のETFは対象外となっています。

買付手数料無料のETFは優良な、投資するならこれ!と自信を持って言える商品ばかりなので、これらが制限されるのは痛いですね…。

このポイント倍率を得るために投資対象を変えるのは愚行だと思うので、あくまでついでにもらえればラッキー!くらいの認識で良いかと思います。

旅行の予約は楽天トラベルを利用してポイント+1倍

楽天トラベル

楽天トラベルは楽天が提供するホテルやツアーの予約サイトです。

出張が多いサラリーマンにとっては定番の予約サイトですよね。

掲載されているホテルも多く、領収書の発行も容易なので私が出張する際は必ず楽天トラベルを利用するようにしています。

楽天トラベルのSPU達成条件は「税込み5,000円以上のトラベルサービスを利用すること」です。

楽天トラベルSPU達成条件

注意していただきたいのは「バスについては対象外」である点と、「税込み5,000円以上のトラベルサービスを利用した月のみポイント+1倍」という点ですね。

本の購入は楽天ブックスでポイント+0.5倍

楽天ブックス

楽天ブックスのSPU達成条件は超簡単。

毎月1回楽天ブックスで税込み1,000円以上のお買い物をするだけです。

楽天ブックスSPU達成条件

その際にクーポンを利用して1,000円以下になっている場合は対象外になるので気を付けてくださいね。

ちなみに楽天ブックスは本だけではなく、CDやゲームも取り扱っているので、毎月本だけを買わないといけないわけでもありません。

楽天ブックスは送料無料

そして楽天ブックスは送料無料なのも大きな特徴ですね。

最近はアマゾンではプライム会員でなければ2,000円以上のお買い物でなければ送料無料になりませんが、楽天ブックスではどんなときも送料無料!

楽天市場ではお店ごとに送料が異なっていますが、楽天ブックスでは全品送料無料なのはとてもありがたいですね。

私はどうしても急ぎで読みたい本でなければ楽天ブックスで購入するようにしています。

SPUでポイントが7%も付きますし、1,000円以上購入した月はさらに+1倍ポイント倍率が増えるので楽天ブックスで購入しない手はありません。

もはやメルカリで中古の本を買うよりも安かったりもします笑。

電子書籍は楽天koboでポイント+0.5倍

楽天kobo

電子書籍はアマゾンが提供している「kindle」が日本では一般的かと思いますが、楽天も「kobo」という電子書籍アプリを提供しています。

楽天Kobo - 電子書籍が読めるアプリ

楽天Kobo – 電子書籍が読めるアプリ
開発元:Kobo Inc.
無料
posted withアプリーチ

私はkindleもkoboも両方使っていますが、使い勝手については特に両者共同じくらい、どちらかが特段優れているといったわけではありません。

電子書籍は読めればいいだけなので、特に凝りに凝った機能は必要ありませんね。

楽天koboも楽天ブックス同様条件は毎月1回楽天koboで税込み1,000円以上のお買い物をするだけです。

koboで電子書籍を購入する際も貰えるポイントはSPUをクリアしているほど高くなりますので、楽天経済圏の住民はkindleよりもkoboがおすすめです。

楽天Pashaでレシートを撮ってポイント+0.5倍?

楽天pasha

アプリ内でレシートを撮って送ってポイントが貰えるという一見意味不明なサービス「楽天Pasha」。

Rakuten Pasha

Rakuten Pasha
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

アプリを見ていただけるとわかりますが、「トクダネ」に設定されている商品を購入したレシートがポイントの対象となります。

楽天pashaのSPU達成条件

トクダネ商品で合計100ポイント以上集めるとSPUの条件達成で、その月がポイント+0.5倍になります。

正直、私は楽天Pashaに関してはほとんど達成したことがありません。

というのも、トクダネは基本的に自分がほしいと思わない商品が多く、わざわざ無理をして買おうとまで思わないからです。

条件を達成してもポイント+0.5倍で見劣りもしますしね…。

もし楽天市場で高額な買い物をする月があり、多少不必要なものを購入してもポイント+0.5倍した方が貰えるポイントが増えるケースがあれば楽天Pashaの条件クリアを検討してもいいかもしれませんね。

服はRakuten Fashionアプリ利用でポイント+0.5倍

rakutenfashion

楽天はファッション通販もやってます。

使い勝手はZOZOTOWNとそんなに変わりません。

正直に言うと、ZOZOTOWNの規模が小さいバージョンと言ったところでしょうか。

普段はZOZOTOWNでお買い物をして、Rakuten Fashionでも同じものが売っていてなおかつ安くお買い物出来る場合はRakuten Fashionを利用するようにしています。

Rakuten FashionのSPU達成条件は簡単で、「Rakuten Fashionアプリ」でお買い物するだけでOK。

何円以上じゃないといけないとかそういった制約も特にありません。

Rakuten FashionはSPUを達成してもポイント+0.5倍なので、無理して毎月達成する必要はありませんね。

美容院は楽天ビューティでポイント0.5倍

楽天ビューティ

楽天ビューティは美容院だけではなく、ネイルサロンといったような美容関係のお店の予約サイトです。

SPUの達成条件は税込み3,000円以上の施術を楽天ビューティを通して予約して来店して実際に施術を受けることです。

楽天ビューティに登録されている美容院はかなり多く、普段利用している美容院が楽天ビューティに登録されている可能性もかなり高いと思います。

そういった状況の方は予約方法を楽天ビューティにするだけでポイント+0.5倍にできますよ。

ここまでのまとめ

  • 上級編をクリアすればポイント+12倍
  • 不必要なサービスは無理に達成は狙わないようにしよう
  • 大きなお買い物をする場合はスポット的に狙ってもいいかも

楽天経済圏のはじめ方:おわりに

ここまでたくさんの楽天経済圏のサービスを紹介してきましたが、どれもこれも優良なサービスばかりです。

SPUを達成するために不便なサービスを利用しなければならないのであれば、話は変わってきますが、本当にどれもこれも便利なんです。

アプリの使いやすさや、ポイントが大量に貰える特典といった既存のサービスを超える付加価値をどんどんつけていきます。

特に初級編、中級編で紹介したサービスにおいては本当に最高です。

そもそもの料金が安く、アプリも使いやすく、SPUでポイント倍率も上がる。

楽天がよほど嫌いでなければ利用しない手はありません。

初級編、中級編で紹介したサービスについてはこれらの記事で詳しく解説しているのでぜひ御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)