iHerbセール開催中!

楽天スーパーポイントとは?最も効率の良い使い方|『通常ポイント』と『期間限定ポイント』の違いを徹底解説!

POINT
  1. 『通常ポイント』はポイント投資、クレジットカードの支払いに
  2. 『期間限定ポイント』は楽天Pay、楽天市場で
  3. この使い分けをすればOK!

楽天ポイントはたくさん貰えるけど、使える期間が短かったり、使う手段が少なくて使いにくいねん!

↑これは楽天を敬遠している友人によく言われることです。

確かに、かつては楽天ポイントがかなり使いにくく『楽天ポイントは貰えるけど、ほとんど使えないもの』というのが一般的な認識だったように思います。

しかし現在は全く異なります。以前よりもじゃんじゃん貰えて、期限が切れるとかほぼ意識する必要がありません。

過去との一番大きな違いは『楽天Pay』が登場したことでしょう。

楽天pay 楽天Payとは?クレジットカードで支払いをするよりも圧倒的にお得な決済方法!

後で詳しく説明しますが、楽天Payを使用すればやや使いにくい『期間限定ポイント』を普段のお買い物(コンビニ等)で余すところなく使えちゃうんですよ。

  • そもそも楽天ポイントって?
  • 『通常ポイント』と『期間限定ポイント』の違いって?
  • ポイントの効率の良い使い方は?

について詳しくみていきましょう。

楽天ポイントとは?正式名称は楽天スーパーポイント

楽天ポイント

楽天ポイントは正式には『楽天スーパーポイント』と呼びます。

一般的には楽天ポイントと呼ばれているので、わざわざ「スーパー」を付けて呼ぶ必要はありません。

楽天ポイントは他のポイントと同様で、支払いをすれば貯まり、貯めたポイントを支払いに使ったりできます。

ただ他のポイントと異なり、楽天ポイントはポイントの使い道が圧倒的に豊富で、なおかつポイントの貯まり方がえげつないのが特徴です。

例えば楽天ポイントなら楽天証券を経由することによって株が買えちゃったりします。

お買い物して貰ったポイントで株が買って投資ができちゃうって、いい時代ですね。

ポイントがじゃんじゃん貯まるのも大きな特徴の一つ。

私の場合、楽天市場での最低還元率は10%で、さらにお得なポイントアップキャンペーンを併用することで30%の還元率でお買い物できることもよくあります。

例えば10,000円分、楽天市場で支払うと、3,000円がポイントとして還元されるんです。

楽天市場を覗いていただくと分かりますが、別に特段商品の定価が高く設定されるわけでもありません。

私は『楽天経済圏』をうまく利用することで高還元を得ています。楽天経済圏についてはこちらの記事をどうぞ。

楽天市場SPU 【完成:内部リンク待ち】楽天経済圏のはじめ方を徹底解説!〜〜〜

しかしここで正しくお伝えしておかないといけないのですが、還元されるポイントの多くは期間限定ポイントであるということです。

楽天スーパーポイントには『通常ポイント』と『期間限定ポイント』の2種類があります。

通常ポイント』と『期間限定ポイント』の違いについて詳しくみていきましょう。

通常ポイントと期間限定ポイントの違いとは?

簡単に説明すると通常ポイントは特に制約がないのに対して、期間限定ポイントは有効期限、使用用途等の制約があります。

  • 通常ポイント:特に制約なし
  • 期間限定ポイント:制約あり

まず大きな制約として、使える期間が限られているということ。

得たポイントによって期限は異なるのですが、基本的に付与された月の翌月末にポイントが消失します。

例えば10月にポイントが付与されたら、11月末にポイントが消失します。

少し短いような気がするかもしれませんが、楽天Payを使えばあらゆるお店で使えるから全然使い切れますよ

akuman

また、楽天証券での投資、楽天Edyへの入金、クレジットカードの支払い等には使えません

楽天Payでの支払い、楽天市場での支払いに使うのが最もオーソドックスです。

  • 期間限定ポイントは通常ポイントよりも少し使いにくい

次に『通常ポイント』と『期間限定ポイント』のそれぞれの最も効率の良い使い方をみていきましょう!

通常ポイントは『ポイント投資』してから『クレジットカードの支払い』に!

ポイント投資はSPU対象

通常ポイントは期間限定ポイントとは異なり、楽天証券を利用したポイント投資に使えます

楽天ではSPU(スーパーポイントアップ)プログラムという制度があり、条件をクリアしていくと楽天市場でのお買い物がお得になります。

楽天証券はプログラムの一つに選ばれており、通常ポイントを含めて500円分以上投資すると、その月のお買い物でのポイントが+1倍されます。

  • 例:5%→6%

500円以上の投資の中で通常ポイントを1ポイントだけでも使用すればOK!

1年間で100万円お買い物するとすれば1万円分貰えるポイントが増える計算です。

ポイントで投資できて、なおかつ楽天市場でのお買い物がお得になります。

通常ポイントをすべて楽天証券で投資に使っちゃってもいいのですが、実はもっとお得な使い方があります。

それはクレジットカードの支払いにポイントを使うことです。

意外に知られていないんですが、通常ポイントは月々の支払いに使えて、なおかつ貰えるポイントも減らないんです。

通常ポイントは月々のカード支払いに使えてポイントも貯まる

こちらは公式サイトでの説明ですが、例えばカードの請求額が10万円で、通常は現金で10万円を支払い、1,000ポイントが貰えます。

カードの支払いにポイントを使えば、その分に関してはポイント対象外な気がしますが、ポイントで払ったとしても貰えるポイントが変わらないんです。

極端な話、10万円の支払いに対して10万ポイントを使用しても1,000ポイント貰えます

ポイントで支払ってもポイント貰えるって太っ腹ですよね。

akuman

通常ポイントの効率の良い使用方法をまとめると

  1. 毎月ポイント投資に使用して還元率を+1%
  2. 残りをクレジットカードの支払いに

これでOKです。

おすすめできない使い方としては

  • 楽天市場でのお買い物に使う
  • 楽天Payでの支払いに使う

この2つは次に説明する期間限定ポイントの支払いに適した使い方なので、価値の高い通常ポイントは使わないようにしてください。

期間限定ポイントは『楽天Pay』or『楽天市場』

楽天pay

期間限定ポイントは文字通り使える期間が限られていますので、できるだけ早いうちに使っていきたいです。

一番オススメなのが楽天Payを使ってコンビニ、薬局、レストラン等での支払いに使うことですね。

楽天Payが使えるお店はこちら

コンビニは基本的にどこでも使えますし、大手家電量販店などでも使えるので「期間限定ポイントを使うところがなくて期限切れになってしまった!!」なんてことはほぼ起こりません。(よほど獲得ポイントが多くない限り)

期間限定ポイントを使うときは『すべてのポイント/キャッシュを使う』欄にチェックを入れることを忘れないでください。

すべてのポイント/キャッシュを使うにチェック
「セルフ」の上をチェック!

こうすることでカードからではなく、ポイントから支払われるようになります。(チェックしなければクレジットカード支払いに)

そして右端にある『設定』をタップして『次回もこの設定を使う』を選択しておくと、自動的にポイントを使う設定になります。

次回もこの設定を使う
「次回もこの設定を使う」を選択!

ちなみに私のこの画像では期間限定ポイントを使い切ってしまっているので、その場合は通常ポイントから支払われます。

先述したように、通常ポイントで支払うのはちょっともったいないので、期間限定ポイントがない場合はクレジットカードを通して支払いましょう

クレジットカードで払うと通常1%のポイント付与ですが、楽天Payを通して払うとさらに200円に対して1ポイント。つまり還元率が1.5%になります

普通にクレジットカードで支払うより、楽天Payを通して支払う方がお得なので、楽天Payが使える場合は積極的に使っていきましょう。

楽天Payに関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

楽天pay 楽天Payとは?クレジットカードで支払いをするよりも圧倒的にお得な決済方法!

楽天Payを使っても期間限定ポイントが使い切れない!そんなときは楽天市場でのお買い物に使っちゃいましょう。

ここがまた楽天の素晴らしいところですが、期間限定ポイントを楽天市場の商品の支払いに使っても、基本的に貰えるポイントの量は変わりません

「基本的に」変わらないのですが、貰えないポイントが発生することもあるんですよ。

例えばこちらの商品。

期間中ポイント+10倍としてショップポイントアップキャンペーンが付いていて、私の場合クレジットカードで支払えば

クレジットカード支払いではショップポイントアップキャンペーンが付与される

ショップポイントアップキャンペーンを含めて20,000ポイント以上貰えちゃいます。

しかしポイントで支払った場合、この図で言うと9,873ポイント分が貰えなくなってしまいます。できれば貰えるポイントは全部欲しいですよね。

ですので、楽天市場で期間限定ポイントを使うのはキャンペーンがないときがおすすめです。

ただ、このことを意識して毎回お買い物するのはちょっと面倒なので、基本的に楽天市場ではクレジットカードで支払うようにしましょう。

期間限定ポイントの効率の良い使用方法をまとめると

  1. 楽天Payでの支払いに
  2. 楽天市場での支払いに

これでOKです。

楽天スーパーポイントの効率の良い使い方まとめ

POINT
  1. 『通常ポイント』はポイント投資、クレジットカードの支払いに
  2. 『期間限定ポイント』は楽天Pay、楽天市場で
  3. この使い分けをすればOK!

この使い分けを意識すれば楽天ポイントは無駄なく効率よく使い切れます!

楽天ポイントがここまで使いやすくなったのは楽天Payの登場が大きいです。

楽天Payがない頃はほとんど楽天市場で使うしかありませんでしたが、コンビニ等で手軽に消費できるようになった革命は素晴らしいです。

今の時代収入を簡単に増やすことは難しいですが、楽天経済圏を利用してポイント還元を増やすように、節約に関しては誰でも簡単にできる時代なので、こういった制度は面倒くさがらずに積極的に採り入れていきましょう!

楽天経済圏に関する詳しい説明はこちらの記事をどうぞ!

楽天市場SPU 【完成:内部リンク待ち】楽天経済圏のはじめ方を徹底解説!〜〜〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)