iHerb特大セール開催中!

【筋トレ】増量期は吉野家の牛丼が最強である理由

みんな大好き吉野家の牛丼

吉野家は今や日本中の至るところに存在し、忙しい日々を送る我々の胃袋を、安く美味しい牛丼で満たしてくれる最強の牛丼チェーン店。

特に一人暮らしをしている人は仕事を終えたあとに食材を買って自炊なんてできるわけもなく、気が付いたら吉野家の中に居て、牛丼を食べてしまっている人も多いことでしょう。

2019年6月現在は牛丼並盛りが税込みで380円。店員さんの動きもスピーティーで、他にお客さんがいなければ10秒程度で提供されて、タレがご飯に染みた牛丼は食べやすく、10分以内で店を出ることも可能です。

そんな現代人の味方である吉野家ですが、筋トレをしている人、特に増量中の方にはめちゃくちゃオススメなんです。

吉野家の牛丼のマクロ栄養素はかなり優秀

吉野家の牛丼、並盛りのマクロ栄養素は

  タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
牛丼 並盛 20.2 20.4 92.8

こちらの表のようになっています。(ソース:吉野家公式サイト

牛肉が使われているので、やはり脂質がそれなりに多い食べ物ですね。

ところで、あなたは増量中のときいったい自分はタンパク質、脂質、炭水化物をそれぞれどれだけの量食べるべきなのか把握されていますか?

もしわからない場合はこちらの計算機で計算してみてください。

計算機 マクロ栄養素計算機 | 性別、身長、体重を選択するだけで理想的な摂取カロリーが導き出せる

ちなみに僕の場合ですと、このような結果となりました。

増量期は約タンパク質140g、脂質70g、炭水化物300gで、一日の摂取カロリーが2,500kcal程度が目安ですね。

実際僕は現在体重68kg前後で、トレーニングをしながら2,500kcalの食事を続けると体重が少しずつ増えていく傾向にあります。

さて、この1日のマクロ栄養素の目安と先程の牛丼並盛りのマクロ栄養素を見比べてみましょう。

  タンパク質(g) 脂質(g) 炭水化物(g)
牛丼 並盛 20.2 20.4 92.8
一日のマクロ栄養素 140 70 300

どうでしょうか?

あれ?意外と脂質の量的に牛丼並盛りって食べても大丈夫なんだな

と思われたのではないでしょうか。

減量中では僕の場合脂質は50g前後としていますので、少し厳しいですが、増量中なら結構余裕です。

炭水化物と脂質に関しては牛丼を3杯食べるとほぼ理想的な摂取量となります。

タンパク質が80gほど足りませんが、これはプロテインを1日3〜4杯ほど飲めば解決しますよね。

ゴールドスタンダード 高品質で超コスパの良いプロテインまとめ | 筋トレに必須のサプリメント

1日4食を食べるとして

  • 朝:卵とご飯、プロテイン
  • 昼:牛丼並盛り、プロテイン
  • 夕:牛丼並盛り、プロテイン
  • 夜:牛丼並盛り、プロテイン、サラダ

昼、夕、夜の食事+3回のプロテインで約2,300kcal。

朝ごはんの量や間食の量を調節することによって摂取カロリーを増やすことも容易です。

僕は本当に忙しくて、自炊をしたり、もはやメニューを考えるのも面倒なときは、吉野家に通いまくってタンパク質はプロテインで補うことが多いです。

タンパク質をできるだけ食事から摂取するべきという考えの方には向かない食事方法ですが、忙しい日々を送りながらもボディメイクも妥協したくない人には特におすすめです。

野菜も積極的に

牛丼には基本的に玉ねぎしか野菜が含まれていません。

これでは確実に野菜不足になってしまうのは間違いありませんので、食べられるタイミングで野菜も食べましょう。

トレーニーに特におすすめなのがブロッコリー

野菜でありながらタンパク質も豊富です。

健康にはあまり良くはないことは間違いない

当然ですが、この食事方法は万人に勧められるものでは当然ありませんし、長期的に続けるのは避けましょう。

食品添加物も多く含まれていますし、塩分だって気になります。野菜も牛丼だけでは足りないですよね。

増量期であってもできるだけ自炊して、タンパク質も出来るだけプロテインではなく鶏肉や魚などから摂った方がいいことは間違いありません。

あとはコスト、時間、健康面を考慮してどの部分をどれだけ妥協していくかという問題になってきます。

増量期においては牛丼含めファストフードというのは安く、高カロリーでかなり魅力的な選択肢となります。

健康面にも配慮しながら充実した筋トレライフを送りましょうね。

また余談ですが、増量期というのはどうしても摂取カロリーが多くなり、どれだけ健康に気を使っても知らず知らずの内に体が疲れてしまうこともあるので、ある程度の期間(1〜2ヶ月)増量したら今度は減量を行って変化をつけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)